運営方針

にき保育園の保育理念

私たちにとって子どもたちは「宝」であるという思いを忘れずに、最善の利益を考慮し、保育に勤めてまいります。

 

にき保育園の基本方針

~この「宝」を豊かな人間として育成して行くために3つの支援を掲げます~

  • 子どもたちへ(子どもの育ちの支援)子どもたちを一人の権利のある、また人格を持った人間、「宝」として大切に扱い、大切に育てます。

 

  • 保護者の方へ(育児・就労両立支援)子どもたち「宝」を生み育てながら就労している保護者の方に、限りない尊敬と共感をもち、「子ども観」、「発達観」を共有し、家族への支援をさせていただきます。

 

  • 地域へ(地域の子育て支援)子どもを社会的「子ども」と捉え、地域にとっても「宝」であり、子どものすばらしさ、子育てのすばらしさなどを伝え、次世代育成も含めた子育ての「中心地」としての役割を担います。

 

にき保育園の保育目標

自 立~意欲を持って主体的に生活できる子ども~

 

  • そのために職員が援助すること
  • 人の話を聞く力が育つ援助
  • 集中力が身につく援助
  • ルールを理解し、守ったりすることができる援助
  • 友達と上手に付き合うことができる援助

実現のために行う保育

保育園を「第二の家庭」と捉え、日々の生活の中から育ち合える環境として、異年齢による保育(養護的配慮)と活動内容は同年齢による保育(教育的配慮)を実施いたします。

Top

b33fza34y9wu@fruit.or.jp