高齢者総合福祉施設フルーツ・シャトーよいちロゴ

高齢者総合福祉施設フルーツ・シャトーよいちは介護老人福祉施設、短期入所生活介護、通所介護、認知症対応型共同生活介護、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所、地域包括支援センターなどが併設された総合福祉施設です。

フルーツ・シャトーよいちバナー

フルーツ・シャトーよいち 名前の由来

 余市町は、フルーツの町です。余市町で生産されるぶどうは、優れた原料として多くのワインメーカーに出荷されております。

 

 ワインの品質、量ともに世界一を誇るフランスではシャトーの名称を使用できるワインは最高級ワインの代名詞でもあります。

 

 ワインぶどうを多く生産する余市町に設置された、特別養護老人ホームも名実ともに優れた福祉施設となるようにとの願いと決意を込めて命名したものです。

 

社会福祉法人 よいち福祉会

 

 

※シャトーとは・・・フランスのボルドー地方で、ワインの醸造場や貯蔵庫を備えた広大な葡萄園。葡萄の栽培から醸造、ビン詰まで一貫生産する醸造場に許される称号

※見学は常時受け付けております


Top

b33fza34y9wu@fruit.or.jp